気ままな宇宙人

ソフトウェアのTipsやWebサービスを紹介しています

誤変換からおさらばしよう: MS-IME2007 学習機能編

関連記事
1.誤変換からおさらばしよう-MS-IME2007  自動変換編
2.誤変換からおさらばしよう MS-IME2007  学習機能編←今回はココ
3.誤変換からおさらばしよう ATOK導入編
4.Social IME-web2.0的なIME


自動変換は自分のペースで変換できないのが残念な所、そこで、学習機能をリセットして一からMS-IMEを育て直そうじゃないかという壮大な計画です。
1.MS-IMEをアップデート&辞書追加する←やってない人は要必見
以下の2つのアップデートをするだけで人によってはこれだけでものすごく改善されるかも。

MS-IMEの学習機能を改善した修正プログラムを適用しています。
IME 2007 変換精度、学習機能を改善した修正プログラムのご案内
http://www.microsoft.com/japan/office/2007/ime/fixmodule.mspx

MS-IMEの最新語辞書を入れて、変換される単語数(辞書数)を増やす。
IME 最新語辞書

2.MS-IMEの学習情報をリセットする。
上の二つだけでも最近どうにもならなくなったので、学習機能をリセットすることにしました。

MS-IMEバーを右クリックして、設定を選びます。
設定

次に出てきた画面でMS-IMEを選び"プロパティ"をクリックしましょう。
設定

辞書/学習タブを選び、"学習情報の消去"をクリックします。
MSime

すばらしい、改善された。
MSIME


僕の知り合いは、学習機能そのものをOFFにして使っている。しかし、それだと毎回名詞などの入力の際にスペースキーを押すのが面倒くさい。なので、誤変換が多くなってきたらになってきたと思ったら、こまめに学習情報を消去することによって誤変換は減らすというのが、賢明な選択なのかもしれないです。
誤変換からおさらばしよう ATOK導入編
しかし、MS-IME以外も気になってしまいます。続いてはATOKを使おう編です。


スポンサードリンク



テーマ : コンピュータ - ジャンル : コンピュータ

関連エントリー
Loading

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する