気ままな宇宙人

ソフトウェアのTipsやWebサービスを紹介しています

各ブラウザのスタートページとGoogleスタートページ

Googleのスタートページを見ていたら、昔のGoogleのページに戻っていました。
Google

Google Japanの公式ブログにもホームページのデザインについてとしてアナウンスされています。

普段はiGoogleを使っているので、どうでもいいと言ってしまえばそれまでなのですがそれで終わってはなんだか取り上げた意味がないので他のブラウザのスタートページと関連させて考えてみたいと思います。
1.Sleipnir
1
たぶんブラウザのデフォルトのスタートページの中で一番使いやすいのはSlepnirのスタートページでしょう。アイコンは検索だけでなくショートカットとしても使用できます。ただ、はじめてつかう人にとっては、文字が書いてないのでつらいかもしれません。

2.Firefox
2
Googleのデフォルトページに一番似ているかも。

3.Lunascape
3
シンプルな感じでできています。Googleのリンクが独特な場所にあります。

本家Google(アメリカ)のページと違い日本のトップページは、Google Japanが作っていうるようです。まぁ、ネットの世界は情報が多すぎて見つけにくいのでこういう風に表示すると使う人も増えるので良いなと思います。
まず、前回のデザインがなんで不評だったということを考えてみましょう。
1.急上昇キーワードが、仕事などで使う人にとってはいらない機能だった。
2.アイコンが小さくなったので押しにくくなった。
3.アイコンがどこに行ったのかわかりにくくなった。(グループ分けされているため)

不評だった理由を書いたのだから前回のページもほめなくては
1.デザインが、今回の物と比べてスタイリッシュで素敵でした。

そこで今回のデザイン(前々回のデザイン)は、このような点からみると使いやすくなったと思うのですが、リロードするとタブの位置が変化するというのはどうにかならないのかなぁとは思います。お前、iGoogle使ってるんだから別にどうでもいいだろうって言われてしまったらそれまでなのですが。(iGoogle便利です)


スポンサードリンク



テーマ : ブラウザ - ジャンル : コンピュータ

関連エントリー
Loading

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する