気ままな宇宙人

ソフトウェアのTipsやWebサービスを紹介しています

Google Tool barは、閲覧したページのアドレス送信する可能性ありますよ

昨日、Google Ad Plannerが正しいとは言い切れないという記事を書かせていただいた。

同様なことをGoogle ad PlannerでのPV数やUU数の信頼性について(Web屋のネタ帳)でも取り上げていた。以下はWeb屋のネタ帳の記事にのっていたGoogleのプライバシーポリシーである。
プライバシー : 使用統計情報 - ツールバー ヘルプ
Google ツールバーで、使用統計情報を Google に提供するオプションを有効にして、Google のサービス向上にご協力ください。使用統計情報には、氏名、メール アドレス、Google アカウント情報などの個人情報は含まれず、閲覧したページの URL 情報も含まれません。
Web屋のネタ帳さんは、このポリシーからGoogleツールバーがURL情報を送信していないと言っているがこれは、これはGoogleツールバーのオプションを用いなかったのみ正しいのかもしれない。


筆者の調査によると、Googleは以下のようにも述べている(関係しそうな部分を抜粋)
プライバシー: Google ツールバー プライバシーに関するお知らせ
ツールバーのオプション機能:
ツールバーを介して ウェブ履歴や Gmail といった 他の Google サービスを利用する場合、 これらのサービスの利用にはサービス独自のプライバシー ポリシーが適用されます。

ツールバーの一部のオプション機能では、 アクセスするサイトに関するアドレスやその他の情報が Google に送信されます。 Web 履歴、PageRank、 拡張モードのセーフ ブラウジングがこれに該当します。
つまり、Googleツールバーの上記の検索オプションを用いている場合Googleにアドレスを送っていようとも規約違反ではない。

筆者の場合Googleページランクを使っているが、ページごとにページランクが異なった表示をされていることをみるとGoogleにアドレスを送っているのは確実であろう。ただし、それがどのように利用されているかは不明である。
Web屋のネタ帳さんは、Googleがウソをついてるなら既に証拠が突きつけられて炎上済みでもおかしくないはずだ。 と言っているが、Googleはこれらをきちんとサイトに載せているのだから炎上するはずがない。

そして、このブログのGoogle ad Plannerに関する考え方は昨日のこのブログで述べた文章を読んでいただけばわかるだろう。

結局、Google Ad Plannerがどのように情報を集めているかはGoogleのみぞ知るということであろう。


スポンサードリンク



テーマ : インターネット関連 - ジャンル : コンピュータ

関連エントリー
Loading

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する