気ままな宇宙人

ソフトウェアのTipsやWebサービスを紹介しています

初めてのGoogleリーダー:入門編

いまいち世間では認知度の低いフィードですが、今回はフィードの使い方を書きたいと思います。
目次
1. フィードってなーに?
2. 初心者の方にもお勧めのGoogle Reader
3. Google Readerにフィードを登録する
4. フィードを解除する
5. フォルダを作って読みやすくする
6. フォルダを削除する
7. フィードを検索する


フィードってなーに?

みなさんは、こんなマークフィードを見たことがあるのではないでしょうか?このボタンを押すと記事の名前が出てくるのはわかるんだけど何をするためのものなのさと思うでしょう。それは、フィードのボタンというものです。フィードとは、サイトの更新情報を知るものです。フィードの種類(フォーマット)にはRSSやAtomなどというものがあります。

まぁ、フィードで何ができるかを簡単に言うと留守番電話みたいなものです。「○○ですけどブログ更新たんでよろしかったら来てください。」などと教えてくれるのです。
(もっと詳しく知りたい人へ:実際は、ブラウザやフィード収集ソフトが、相手のウェブサイトのフィードを1時間に一回などのペースで見に行っています。)

つまり、たまにしか更新しない○○さんのブログを毎日見に行かなくってすむという事です。

初心者の方にもお勧めのGoogle Reader

なんだかフィードって便利そうねと思ったんだけどどんなものを使えば
いいかわからないという人にGoogle Readerをお勧めします。僕がGoogle Readerを進める理由は以下の3つです。

1.Googleリーダーをお勧めする理由は自分で難しい設定をほとんどしなくて済むという事
2.複数のフィードをフォルダに入れて時系列順に読めるという事
3.フィードを検索できる点


それでは、Googleリーダーにアクセスしてみましょう。Googleリーダーを使用するには。Googleのアカウントが必要です。持っていない方は下記のアクセスした先のページで作成しましょう。
Googleリーダー
http://www.google.com/reader/
http://www.google.com/reader/

Google Readerにフィードを登録する

例としてNHKの"ニッポンの教養"のRSS(フィードの種類)を受信してみることにしましょう。(みなさんは、自分の好きなブログなどで同じようにやってください。)
アドレスコピー
すると、タイトルと簡単な説明のあるページが出てくるので、そこのアドレスをコピーしましょう。

登録
次にGoogleリーダーの登録フィードを追加を押した後に先ほどコピーしたものを貼り付けて追加ボタンを押しましょう。

登録完了
すると、どうでしょう。先ほどのRSSがリーダーに登録されているでしょう。この感じでいつも読んでいるブログやニュースサイトをどんどん登録していきましょう。ただ、アイコンがオレンジに光っているページじゃなければページを登録することはできません。また、アイコンが光っていてもサイトによっては色々なフォーマットの種類(RSSやAtom)がある場合はどれを選んでも大丈夫ですので好きなものを選びましょう。


フィードを解除する

"フィードの設定"から登録解除
フィードの解除の仕方は大きく分けて3種類あります。
一つ目は、フィードを選択して上のバーの"フィードの設定"から登録解除を選択する方法です。
※フォルダーではなく解除したいフィードを選択してください。
登録解除

フィードの削除は登録フィードの管理から行う
ページ右上にあるリーダーの設定を押しましょう。
初級編

次に登録フィードタブが選択されているので隣にあるごみ箱のボタンを押すことでフィードの登録を解除することができます。
初級編2 (2)
トレンドからフィードを削除する
トレンドボタン
間違って登録してしまった場合やフィードの整理をしたい場合はトレンドボタンを押しましょう。

削除
そばにあるごみ箱のボタンを押すことで解除することができます。(フィードの削除は登録フィードの管理からも行えます)

フォルダを作って読みやすくする

フォルダを作りたい登録フィードを選択します。
フォルダ
次にページ上部にある"フィードの設定"→"新しいフォルダ"を押します。

フォルダの名前
フォルダの名前を入力します。

ドラックアンドドロップ
フォルダに入れたい他のサイトもドラックアンドドロップでどんどん追加していきます。

更新情報
今回僕は2つのフォルダを作りました。
これで、フォルダごとにサイトの更新情報を読むこともできますし、すべてのアイテムを選べばすべての更新情報を見ることができます。もちろん、個別に読むことだってできます。


フォルダを削除する


初級編
ページ右上にあるボタンからリーダーの設定を押しましょう。

初級編2 (1)

次にフォルダの管理のタブを選択してごみ箱のアイコンを押すことによりフォルダを削除することもできます。フォルダを削除してもフィードは消えません。



フィードを検索する

検索
検索窓に検索したい単語を入れ検索ボタンを押します。
登録フィードのみやフォルダ内のみといった検索ができます。

この機能によって、あのブログでまえ○○ってことかいていたなぁなどと覚えていると、ブログ内で知りたい情報を得ることができます。また、気になるキーワードをフォルダ内から検索して関連情報を得ることができます。簡易的な複数サイト内検索のようになって便利です。(もっと詳しく知りたい人へ:フィード内に配信している部分からしか検索できません)


スポンサードリンク



テーマ : インターネットサービス - ジャンル : コンピュータ

関連エントリー
Loading

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する