気ままな宇宙人

ソフトウェアのTipsやWebサービスを紹介しています

な、な、なんと!Yahoo!には(ネカフェ風の)Yahoo!Cafeがあった!

cafe.yahoo.co.jp screen capture 2009-8-2-20-35-0
生まれて初めて裁判傍聴に行くついでにうわさには聞いていたYahoo!Cafeに行ってきました。


Yahoo!Cafeってなにという方に説明しますとYahoo!Cafeとは日比谷、成田空港、品川プリンスの日本に3店しかないYahooの"ブロードバンドでインターネットをご利用いただけるスペースです"との事。僕が行ってきたのはYahoo!Cafe日比谷です。

大きな地図で見る

大きな地図で見る
Yahoo!Cafe日比谷は東京メトロの霞ヶ関駅から徒歩1分で行けるという事なのですがまぁ東京の地下鉄ってのはやたらと出入り口がたくさんあるわけで間違った出口から外に出るとまぁ大変なわけで、結局僕はそこに行くまで30分くらいかかってしまいました。


カフェ内は、まさにオープン型のネカフェという感じです。
店内に入るとまず受付を済ませます。受付では名前、住所、電話番号などの個人情報を書きUSBタイプのパソコンのキーを渡されます。


また、店内を見渡すと日本人対外国人の比率が1:1位、店内にはソファもありなかなかくつろいでいる人も多かったのですが、まぁ、まわりが霞ヶ関という事もあり、そんな中でパンピーの僕には全くくつろぐことができません。


まぁ店内も撮影したかったのですが、とてもそんな雰囲気ではありませんでしたのが、ただ、一枚だけ許可をもらって撮影させていただいたのが店内にある自転車の写真です。
送信者 霞ヶ関

なかなか店内はインテリアに凝っていてよかったですよ。
霞ヶ関にお越しの際はぜひお使いになってみてはいかがでしょうか?僕は普通のネカフェのほうがくつろげて好きですが...

Yahoo!Cafe
http://cafe.yahoo.co.jp/index.html

Yahoo!Cafeに行くときに必要なもの
身分証明書

日比谷Yahoo!Cafeの利用料金
無料(ただし、飲み物がほしい方は新生銀行の店内にスタバがあるのでそこで買えます。)

あぁ、そうだとりあえず当ブログにのせるんだからPCについて書かなくては、ポータルページは、Yahoo!、そして、セキュリティソフトはノートン先生、OSは確かXPだったような気がします。


裁判所に行ってきた

主目的の裁判傍聴はというと、まず、裁判所に入るための手荷物検査をした後、本日の裁判の日程がかかれた紙があるのでそれを見てはいるようですが、どの裁判が裁判初傍聴の僕にもわかりやすい裁判なのかは全くわかりませんでした。


そこで、僕は傍聴人らしいラフな格好をしている人についていきその裁判を傍聴するという作戦に出ることにしました。後ろについていくとついたところはとても物騒な刑事事件の裁判、結局僕はしり込みしてしまい他の裁判を傍聴することに...

続いて、なんだか民事の法廷で紙を持っている人についていったのですが、まぁその人たちは証人の方々だったようであえなく撃沈

民事ならどこでもいいやという事で適当に入った部屋で座って傍聴することにしたのですが、その裁判はじまってみるや弁護士2人が淡々とはなしをしているだけというなんだかよくわからないもので傍聴人も僕一人、結局その内容はよくわからなかったので裁判が終わるとそそくさと僕は別の部屋に移動しました。

次に行った裁判は民事だったのですがなかなか興味深い裁判でした。まぁ金の貸し借りの裁判だったわけですが、片方はもらった、もう片方は金は貸したんだっていう裁判だったんですね。まぁ、裁判の事をどこまで書いていいのかわからないので詳しくは書きませんが非常に興味深い裁判でした。

少なくとも今回の裁判の傍聴に行って知る事が出来たのは銀座のクラブホステスの利用料金やチャージについての事や彼女たちの給与体系などの事です。なかなか興味深かったです。


スポンサードリンク



関連エントリー
Loading

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する