気ままな宇宙人

ソフトウェアのTipsやWebサービスを紹介しています

Word2007, 2010で数式の章・節番号を使いこなそう。

Word 2007、2010で、数式に式番号を与える方法
以前書いた上の記事の続編です。以前の記事では数式番号の与え方を書きましたが、今回は数式に説番号を付加する方法を書いてみたいと思います。

数式の右側に節番号を挿入する

1. ホームタブ→アウトラインボタン→新しいアウトラインの定義を選択します。
数式リスト (1)

2. 変更するレベルのクリックで2を選択します。番号書式のところを(1.1)のようにしましょう。
数式リスト (2)

そうする以下のような表示になります。この状態では、節番号(1.1のような状態)が出ていません。
数式リスト (3)

3. 式番号の場所をクリックします。
数式リスト (4)

4. ホームタブ→段落番号ボタン→リストのレベルの変更を押し先ほどのものを選択します。
数式リスト (5)

5. すると以下のような表示ができます。つづいて、節番号を使用する際はショートカットを作ったほうがうまく式番号が入力できるので以下の設定をしましょう。
数式リスト (6)



節番号のショートカットを作成する。

1.表全体を選択したのち、挿入タブから選択範囲を数式ギャラリーに保存を選びます。
ギャラリーに保存

2.お好きな名前を付けてOKを押します。
名前の設定

どうでしょう数式を選択すると以下のように出てくるのではないでしょうか?
ショートカット


ショートカットを使用しないでコピー&ペーストで張り付けていく場合は以下のような設定が必要になる場合があります。
式を張り付けた後にオートコレクトの"前のリストの連番を振る"を選択する。
数式リスト (7)
または、一つ一つ式を選択し、"自動的に番号を振る"を選択します。
数式リスト (8)


数式の章番号を変更する

新しいアウトラインの定義から変更します。
変更の仕方は変更するレベルを1に選択し、オプション→開始番号で開始番号に章番号を入れます。
数式章番号


スポンサードリンク



関連エントリー
Loading

コメント

数式番号を相互参照する方法について質問がございます。

わかりやすいご説明のお陰で、数式番号を振ることができました。

この数式番号を文章中に相互参照させたい場合はどうするのでしょうか?

「相互参照の挿入」→「番号付きの項目」に数式番号「(1)」が表示されますが、「挿入」をクリックしてもなぜか「0」としか表示されません。

どうかご教示くださいませ。

No title

okbさん

「0」になる表示されるということですが、こちらでも確認できました。

以下のようにすることにより改善できます。
ショートカットを作成するときに数式番号「(1)」となっていますが、
(1)の後ろに半角スペースを「(1) 」のようにいれると相互参照できるようになります。

数式番号の相互参照

はじめまして、貴サイトのお蔭で無事式番号を振る事ができました。ありがとうございます。

上のokbさんと同じ状況で詰まっているのですが、ご教授頂けたらありがたいです。
上のご回答の、半角スペースを入れるには、どうしたら良いでしょうか。「相互参照」ウィンドウの「番号付きの項目」を選択し、「参照先」に数式番号(1.1)が反転されて表示されるのですが、そこに内容を書き込む事ができません。
そしてやはり「挿入」ボタンを押すと、本文中に「0」と表示されてしまいます。
何か重要な勘違いをしているのでしょうか・・・。word2010です。
宜しくお願い致します。

No title

Tobiasさん相互参照の件ご質問ありがとうございます。
そもそも、この式番号というのはwordに式番号の機能が標準搭載されていないためにwordのほかの機能を代用させています。

式番号などに使われる機能は、本来は章や節の見出しに使われる機能になっています。
通常は、「1.1 見出し」 のような使い方をします。
今回は式番号ということで「見出し」の代わりに「空白」を使うことにより式番号で使えるようにしております。
相互参照できていないというのは、この見出しの代わりの空白がないことによるものと考えられます。

この空白というのは本ページの「数式の右側に節番号を挿入する」の最後の段階で「(1.1)」となった後に空白を入れ「(1.1) 」となるようにすることにより相互参照ができるようになります。
また、ショートカットを作成する際は空白を入れた後のものをショートカットにすると便利です。

No title

toomva様、ご連絡頂きありがとうございます。

できました!!!

これ以上なく分かり易く説明して頂き、ありがとうございます。
なるほど、Wordが何を考えているかを考えずに、ひたすら空白を入れようと努力していました。

今修士論文を書いているのですが、「謝辞」の章にtoomva様の名前を入れたいくらいです。
本当に、ありがとうございました。

本当に役立ちました!!

こんにちは.
Google検索からこのサイトに辿り着き,私も式番号が簡単に振れるようになりました.
私は学生なのですが,これで論文が書き易くなりました.
ありがとうございました.
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する