気ままな宇宙人

ソフトウェアのTipsやWebサービスを紹介しています

隕石衝突!その時地球は?「IMPACT EARTH!」

Impact: Earth!
http://www.purdue.edu/impactearth/

http://www.purdue.edu/impactearth/

IMPACT EARTHは、地球に衝突する隕石の密度、角度、速度、大きさ、衝突地点からの距離などを入力することにより被害がシミュレーションできるというサイトです。
パラメーターの詳細
Diameter:直径
Density:密度
Impact Angle:衝突角度
Impact Velocity:衝突速度
Target Type:ターゲットの種類
  water of depth:水深
  sedimentary rock:堆積岩
  crystalline rock:結晶岩
Distance from impact:衝突からの距離

以下の例で計算してみると
Diameter:1.3km
Density:3000kg/m^3
Impact Angle:45度
Impact Velocity:11km/s
Target Type:ターゲットの種類
  sedimentary rock:堆積岩
Distance from impact:500km
でシミュレートしてみることに

1.67分後に地震が到達
 地震は皿や窓が割れるような程度の地震が起きます
5.57分後に隕石からの噴出物が到着
 破片の平均粒径は1.31mm程度
25.3分後に最大風速12.9 m/s、75dBの衝撃音が到達
この衝突によって直径14.6kmのクレータができます

ということです。
また、海に落ちるシミュレーションでは津波のデータを出してくれたりします。
ぜひ、パラメーターをいろいろいじって遊んでみてくださいね!



スポンサードリンク



関連エントリー
Loading

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する