気ままな宇宙人

ソフトウェアのTipsやWebサービスを紹介しています

Googleに保存したデータをバックアップする方法

私たちは、趣味や仕事、学業で使うためのWordやExcel、PDFなどのファイル、情報収集するためのRSSフィード、そして友人や家族との写真、動画そして連絡先などの大切なデータを、Google Drive, Google plus, Picasa, YoutubeなどのGoogleのサービスに預けています。

これだけさまざまなデータをあづけておくとバックアップを取ったり、他社のサービスに移行するのはすごく大変そうだと思われるでしょうがGoogle データエクスポートというサービスを利用すると大事なデータのバックアップを簡単にとることができます。

Googleデータエクスポートは、Google Plus(+1したサイト、ストリーム、プロフィール)、Picasa、Youtube、連絡先、ドライブ、バズ、Reader、3D ギャラリーなどのデータをエクスポートすることができるサービスです。
Google データエクスポート
https://www.google.com/takeout/?hl=ja
利用方法は簡単で上記のwebページにアクセスし、必要なものを選択し、「アーカイブを作成」を選択します。
データエクスポート (1)

あとは、必要なデータがzip形式になるのを待ち、ダウンロードを押すだけです。
データエクスポート (2)

しかし、ライバル企業にとっても有利になってしまいそうなサービスがなぜあるかと疑問に思うところですが、Googleでは以下のような説明しています。
Google では、ユーザーが必要に応じて Google サービスから情報をエクスポートできるようにすべきだと考えています。そのため、Data Liberation Front という特別なエンジニアリング チームを設置しました。チームの目標は、Google サービスの内外でデータを簡単に移動できるようにすることです。
Data Liberation Front の Google データエクスポート – 知っておきたいこと – Google

さすが、Don't be evilをスローガンに掲げるグーグルですね。


スポンサードリンク



関連エントリー
Loading

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する